ふっさん家!

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯罪とゲーム・TV

<<   作成日時 : 2008/03/31 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

落ち着いた頃に再び起き、そして騒がれるゲームが原因と叫ばれる事件の数々について、語ってみたり〜

え〜まず言っておくことが…
 1、犯人は言うまでもなく、悪いことをしたということ
 2、ゲーム(など犯人に影響したもの)もまぁ、悪くないとは言えないということ
 3、ゲーム(など犯人に影響したもの)が悪いと叫ぶ人々も悪くないとは言えないということ

1については言うまでもないのですが、2,3もそれなりに問題かなと思いますね。
まぁ、私が見る限りで語るので、色々反論もあるのでしょうが、お付き合いを。

ゲームやTV、アニメなどは、正方向に人間を育てるものもあれば、負方向に人間を育てるものもあると思いますね。
ゲームなどは、敵を倒すという表現、他者を排除するという考えを育てるのかもしれないでしょう。
TVで言えばお笑い芸人によるド突きあい、個人的には『81(直接名前出すのも気が引けますので遠まわしで…)』のように、面白くなるからド突いておけという気軽さで他者に(軽いのでしょうが)痛みを与えるという点が、他者を安易に傷つけるという考え方を育てていないかと考えたこともありますね。

そして3について、『〜〜が悪い』と叫ぶ方、画期的な犯罪防止策が提案できていない現状、役立たずと同じですよね、その点で悪くないといえないと。
そして、そんな方々の多くが事件を起こした犯人の親世代あたりという感じですが、問題は親世代にもあると考えますね。
『親力』の低下、躾や我慢など世間と折り合いをつけて生きていく力は、親にかかっていると考えます。
私自身、ゲームもTVもアニメも本も大好きで、誰かを憎いと思ったことも数え切れませんが、排除しようと思うほどの狂気に捕らわれることはありません。
それもこれも、両親の教育のおかげですと自信を持って言えます。
私は両親から『親力』を感じます。皆様はどうでしょうね?

では、報道でゲームなどの責任に注目を集めようとするのはなぜなのでしょうか?
それは、報道そして問題についての話をしなければならない方達の中に、自身の『親力』に自信を持てない方がいるからではないでしょうか?
『では貴方の子は絶対大丈夫ですね?』と聞かれること、その質問に『はい』と答えることに少しでも揺らいでしまうかもしれない自分を恐れているからではないでしょうか?
だから、その問題の矛先が自分に向かないように必死になっているのではないかと、漠然とではありますがそう感じていますね。

私がここで何を言っても、何も変えることは出来ないし、変わることもないでしょうから、私も役立たずで、同罪なんでしょうね。
というわけで、私自身を含め悪くない人はいないと考えてみたり。




さて、なぜこんなしょ〜もないことと中途半端な考えと文章を書いたかといえば、ブログに書くネタに困ったからですw
パンヤ→そうそうネタを作るほど上手くありません(つД`)
3DCG→Shadeのバージョンアップで苦戦中、ネタどころではありませんヽ(`Д´)ノ
本・ゲーム→偏ってるので書いても面白くないんじゃ?と自問中(´Д`)
そんでもって、新聞でたまたま事件の記事読んだからというだけの話

え〜、締めまで読んだ方ごめんなさい、こんな理由で書いてましたw
こんな締めのグダグダブログですが、今後ともよろしくです<m(__)m>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犯罪とゲーム・TV ふっさん家!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる